脊椎側わん症の原因と症状

脊椎側わん症の原因と症状

脊椎側わん症の原因

脊椎側わん症とは文字通り人間の脊椎(脊柱)が横に曲がってしまい(側わん)症状を起こすものをいいます。また脊柱側弯症という言われ方もあります。脊柱側湾症の原因は神経や筋肉の病気、外傷、腫瘍などが原因で起こります。

他にも日常生活での姿勢が悪かったりするとそれも原因となります。また、先天的に足の長さが違ったり、股関節の手術で足の長さが変わってくるとその差を姿勢で補おうとしてしまいます。そうすると脊椎に負担がかかってしまって脊椎側弯症となってしまいます。

痛みや姿勢、足の長さなどが原因で起こるものを機能性側わんといいます。そして脊椎の側弯とねじれを伴ったものをそれは突発性側弯症といわれるそうです。この特発性側湾症は構築性側湾症に分類されます。これには未だに原因のわからないものもあります。

構築性側弯で原因が解っているものとしては先天性側湾症。神経原性側湾症。筋原性側湾症。などあります。

脊椎側わん症の症状

脊柱側弯症の症状としては脊柱が側方に歪んでしまいます。その多くは側方に歪むだけではなく脊柱ねじれを生じるものがほとんどです。脊椎側湾症が進行していくと心理的なストレスの原因となりますし、腰痛や背部の痛みがでます。

さらに進行すると呼吸機能に障害をきたしてしまい息苦しさ・肺活量の低下なども起こします。また側弯することで脊髄や脊椎の間から出ている神経を圧迫してしまえば痺れなどの神経障害を起こしてしまうこともあります。

突発性側湾症と呼ばれる事もある、特発性側弯症と機能性側湾症も原因が違うだけで症状は変わらないということです。

[ad#co-4]
[ad#co-3]
[ad#co-2]

以前の記事はこちらです«

最近の記事はこちらです »

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ